適切な保管方法

生姜にはショウガオールと呼ばれる身体を温める作用のある成分が豊富に含まれており、中国では古くから漢方薬として用いられてきたほか、他のアジア圏でもスパイスや食材として用いられてきました。
近年では健康志向の高まりを受けて生姜は再び注目を集めており、さまざまな健康食品やサプリメントにも配合されていますが、自宅でも簡単に行うことができる加工食品として「蒸し生姜」と呼ばれるものがあります。
                                              

蒸し生姜はスライスした生姜を一度蒸し器で加熱した後に乾燥させたもので、生の生姜と比較するとショウガオールの含有量が大幅に増加しているのが最大の特徴ですが、砕いてパウダー状に加工するなどして様々な料理や飲み物などに利用しやすいことも特徴の一つとなっています。
また、蒸し生姜はしっかりと乾燥させることで長期間の保管できることもメリットの一つですが、保管方法については注意点があります。
                                              

最も注意しなければならない点は完全に密封した状態で保管しなければならないことで、密封されていない袋や容器に保管した場合、そこから湿気などが内部へ侵入してしまい、保管する場所や季節によってはカビが生えてしまうこともあります。
なお、湿気の侵入を防ぐためには、ジッパー付きの袋や漢方薬などを保管するような気密性の高いガラス瓶などが適しています。

コメントは受け付けていません。